短時間診察(血液検査)

時短診療

時短診療

血液検査は、注射等で採取した血液を分析し、血液の状態や成分によって体がどのような状態であるか判断する目安になるものです。病院の施設や検査内容にもよりますが、多くの場合 、検査結果を聞くために再診が必要となります。 当病院では、院内に検査施設がありますので、検査結果はその日のうちにご確認いただけます。検査結果が来院中に分かるということは、様々なメリットが生じます。

よくある事例1

健診で脂質異常の指摘をうけた50代男性が、健診結果を持参し当院を受診

医師の診察後、すぐに採血実施。採血待ちの時間(40~50分)を利用して、栄養指導と運動指導を受けていただきました。それぞれの指導後、血液検査の結果が出たため、再度医師の診察を受けていただきます。栄養指導・運動指導中に行った生活習慣などの聞き取り、検査結果などを総合判定し、すぐに内服薬を処方するのではなく、栄養指導・運動指導を定期的に受けていただくことで、自己管理の意識を高め、日常生活の見直しをすることとなりました。

結果、定期的に通院を行い、必要な指導を受けることで、3キロの体重減・食事の改善・運動にも取り組めるようになり、内服処方のないまま、継続しています。

最初に採血を受け、必要に応じて栄養指導・運動指導を受けている間に、検査結果が出て、医師の診察となるため、患者様の待ち時間も少なく、また、結果がすぐわかるためモチベーションに繋がり通院しやすいのです。

  • ※検査項目によりかかる時間や日数は変わります。

よくある事例2

他院で糖尿病の治療を受けている患者様が、定期検査で腎機能の悪化を指摘され当院を紹介受診

腎臓内科医が診察し、採血・腎エコー・検尿など必要な検査を実施しました。結果は当日に分かり、すぐに診断が可能なため、患者様は別日に来院いただく必要もなく、当日説明を受け必要な治療を受けることができます。

また、普段糖尿病治療をしているかかりつけ医への報告もすぐに行えます。糖尿病性腎不全患者様にとって、普段は自宅近くのかかりつけ医で診療を受け、数か月おきに腎機能のフォロー目的で当院を受診いただくことで、早期発見早期治療ができ、悪化を防ぐことができます。

かかりつけ医との連携も可能なため、体調の変化や内服薬の調整もスムーズにできます。また、入院が必要になれば、当院でも入院できる体制がとれます。

診療時間

  午前 午後
月〜金 9:00〜13:00 14:00〜17:30
9:00〜13:00 14:00〜16:30

休診日:日曜・祝日 (時間外急患対応いたします)

  午前 午後
月〜金 9:00〜13:00 14:00〜17:30
9:00〜13:00 14:00〜16:30

休診日:日曜・祝日 (時間外急患対応いたします)

このサイトは最新のブラウザでご覧ください