平成30年度 医療法人辰川会 山陽病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 1 6 12 42 92 156 261 399 166
当院は外科、内科、整形外科、泌尿器科の4科と人工透析を主な柱とし、地域に根差した医療の提供を行っています。
平成30年度の退院患者さまの年齢区分は「80歳台」がもっとも多く、「70歳台」の患者さまもそれについで多くなっております。
365日、救急患者さまの受け入れを行い、在宅復帰を目的に入院時から積極的な治療、リハビリを行っています。
退院後は地域の医院、クリニック、透析施設での治療を継続できるよう医療との連携、また介護との連携もはかり、住み慣れた地域での生活に戻れるようにきめ細やかな退院支援に取り組んでいます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 13.4 21.9 15.2 87.3
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 10.3 12.9 21.0 86.8
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 22 10.5 18.5 13.0 83.1
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 7.7 12.5 15.2 74.3
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROP スコア1 13 8.0 13.7 0.0 88.3
内科では、主に肺炎、心不全の患者さまの入院診療を多く行っています。
肺炎治療には、高齢になると嚥下機能の低下からくる誤嚥性肺炎の予防のための摂食機能訓練にも取り組んでいます。
どの患者さまにも可能な限り自宅への退院ができるよう、また介護施設等への在宅生活に向けて適切な退院支援をすすめています。
退院が困難な方、長期療養を必要とされる患者さまには地域の医療機関と連携し、転院加療を受けていただけるように支援を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 9 5.0 8.7 0.0 64.1
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病なし 8 9.9 14.7 15.0 81.4
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 4 18.8 17.5 0.0 84.8
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 4 8.0 38.9 0.0 75.0
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 手術あり 手術・処置等2なし 4 1.5 12.4 0.0 58.0
外科では主に保存期の慢性腎不全、血液透析導入前の新たなシャント造設術等を行っています。
また、他医療機関にて外科、整形外科手術を受けられた患者さまが、ご自宅へ退院されるまでのリハビリ目的で転入院してこられた場合、症状によっては外科にて入院加療とさせていただいております。
血液透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 手術あり 手術・処置等2なし 161 2.2 12.4 8.5 70.6
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 24 9.3 14.8 10.8 72.0
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 13.4 21.9 15.0 79.7
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 4.6 8.7 0.0 66.5
050200xx99xxxx 循環器疾患(その他) 手術なし 11 6.7 7.7 20.8 78.1
血液透析科では維持透析を受けられている慢性腎不全の患者さまの入院加療を行っています。
もっとも多いシャント狭窄に対する治療は、早期退院を目標とし、患者さまの生活の負担とならないよう努めています。
またご高齢の透析患者さまの中には、肺炎、心不全を発症される方も多く、血液透析科では透析治療と併せてそのような疾患の治療も多く取り組んでいます。
治療後は、日頃維持透析を受けられている透析施設にて外来透析を受けて頂けるよう、市内外の医療機関と連携して退院支援を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 14 14.6 17.5 10.0 82.4
07040xxx99xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 手術なし 9 12.9 11.8 0.0 67.0
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 8 21.4 25.6 20.0 86.1
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 7 14.7 21.9 0.0 81.0
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 定義副傷病なし 7 11.0 14.7 0.0 89.4
整形外科では、骨折、変形性関節症、胸腰椎圧迫骨折の患者さまの入院加療を主に行っております。手術は観血的骨接合術、大腿骨人工骨頭挿入術、人工関節置換術などの件数が多くなっております。
手術等の治療後、それぞれの患者さまが退院後の生活に必要なADLに近づき、安心して退院できるよう、急性期病棟、地域包括ケア病棟ともに早期よりリハビリに取り組んでいます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 2 1 8
大腸癌 - - - - - 4 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - 2 1 8
肝癌 - - - - - 3 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では他医療機関にて急性期治療を終えられた癌疾患患者さまの受け入れを行っております。
患者さまの病態に応じて、最適な医療を提供できるよう、在宅復帰を視野に入れた継続治療、または患者さま、ご家族さまが望まれる形での緩和ケア治療等に取り組んでいます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 14 7.7 70.0
中等症 42 10.2 86.7
重症 8 6.0 85.0
超重症 2 5.8 88.2
不明 0 0 0
当院では「中等症」に占める患者さまの割合が多くなっています。さらに、A-DROPスコアで「軽症」「中等症」「重症」「超重症」に分類される患者さまは、平均年齢も高い傾向にあります。
病状が落ち着かれた患者さまには呼吸器リハ等も加えながら治療をすすめています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 7 9.0 79.0 28.6
その他 12 18.8 84.6 25.0
当院では「脳卒中連携パス」において、急性期治療を終えられた患者さまの受け入れを行っています。そのため急性期病院と連携し、転院前と変わりなくリハビリを継続できるよう努めており、最終的に自宅での生活に無理なく復帰できるよう、個々の患者さまの状況を見ながら退院支援に取り組んでいます。
一方で、症状発症から間もなく来院され、入院された患者さまの中には、急性期病院での加療が望ましい症例もあり、必要に応じて専門病院へ転院受け入れを要請し、連携し治療を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 8 0.0 1.0 0.0 65.5
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 6 26.7 23.3 33.3 79.5
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 4 7.3 17.0 25.0 62.0
K610-3 内シャント設置術 4 10.3 6.3 0.0 78.0
K607-3 上腕動脈表在化法 2 2.5 10.0 0.0 65.0
内科手術では、「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満)」「胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術」の実施割合が多くなっています。
また、慢性腎不全治療の保存期の方で腎機能が悪化し、血液透析が必要となった患者さまに対し、透析導入前の「内シャント設置術」も行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 13 0.5 8.0 15.3 64.9
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 3 0.0 0.0 0.0 64.7
K607-3 上腕動脈表在化法 2 0.0 10.0 0.0 74.0
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 1 4.0 70.0 0.0 91.0
外科では透析シャント狭窄や閉塞に対する「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を最も多く実施しています。
また、外科においても慢性腎不全治療の保存期の方で腎機能が悪化し、血液透析が必要となった患者さまに対し、透析導入前の「内シャント設置術」も行っております。
血液透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 134 1.1 2.6 1.5 71.1
K610-3 内シャント設置術 29 4.2 14.2 3.4 71.1
K607-3 上腕動脈表在化法 22 4.8 24.5 0.0 74.8
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) 8 0.6 16.3 0.0 71.6
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 8 7.4 7.8 0.0 74.4
血液透析科では、透析シャントの狭窄や閉塞に対する「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を最も多く実施しています。
シャントトラブルにて透析シャントの再手術(再建)が必要な患者さまに対し「内シャント設置術」「上腕動脈表在化法」を行っております。
術後は、日頃維持透析を受けられている透析施設にて外来透析を受けて頂けるよう、市内外の医療機関と連携して退院支援を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 11 2.0 44.5 0.0 75.5
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 7 2.6 59.9 0.0 85.9
K093 手根管開放手術 4 0.3 11.3 0.0 56.0
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 2 2.0 49.0 0.0 78.5
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 2 1.0 16.0 0.0 50.5
整形外科では、人工関節置換術、大腿骨人工骨頭挿入術などを多く扱っています。その他にも外傷による骨折に対し、骨折観血的手術を積極的に行っています。
手術後は早期からリハビリを行い、ADLの回復に努めております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 6 0.5
異なる 1 0.1
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 180 15.9
異なる
当院では「シャント外来」を設けており、当院の透析クリニックのみならず、近隣の透析施設でのシャントトラブルに対しても積極的に紹介受け入れを行っています。
そのため「手術・処置等の合併症」に分類される「透析シャント狭窄」「透析シャント閉塞」の治療目的にて入院される患者さまの割合が必然的に高くなっています。この疾患に対しての取り組みは当院の地域の透析基幹病院としての使命であり、発生率がゼロであることが決して望ましい項目とはいえないものであります。
更新履歴