スタッフ紹介

内科 濵口 直樹(はまぐち なおき)

院長 濵口 直樹 (はまぐち なおき)

[専門分野]
一般内科、腎臓内科、透析内科
[資格]
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本腎臓学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 難病指定医

2021年4月1日より医療法人辰川会山陽ぬまくま腎クリニックの管理者(院長)という大役を拝命し、その重責に身の引き締まる思いであります。辰川匡史理事長より管理者就任を打診された際、辰川自光前会長には公私ともに一方ならぬお世話になっていたため、少しでも辰川会のお役に立てればと想い快諾させていただきました。

長年透析医療に携わり、透析クリニックの立ち位置は「斯くあるべし」と私なりに多少は理解しているつもりです。では当クリニックは?と自問自答すれば、基幹病院である山陽病院とは離れた僻地にあり、重複合併症を有する高齢者も沢山おられます。より迅速な合併症対策が望まれます。幸いにも、石原主任を始め優秀なスタッフが揃い、スピーディーな対応ができています。

透析医療は、多職種が関わる代表的なチーム医療の一つと言えます。同時に様々な合併症を有するため連携医療も不可欠です。山陽病院の援助を受けながら、チーム一丸となって沼隈地域のより良い透析医療を目指し、努力する所存です。ご支援・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

山陽ぬまくま腎クリニックスタッフ

私たちは、患者さんにとって透析治療がつらいものにならないよう、日頃から患者さんと向き合い患者さんの声を聴いています。看護師は、患者さんのQOL(生活の質)が高まるように体調管理や看護ケア、援助を行い、臨床工学技士は、患者さんが安心して長く透析治療が受けられるよう透析機器管理や透析条件の設定を行っています。

多職種が協力し合うことでより安全な透析治療を提供し、医療者も患者さんと共に歩むという思いで日々の業務に取り組んでいます。