メディア情報

山陽新聞

特別養護老人ホームしんがいの施設に隣接する福山市立新涯小学校の児童のみなさんとは日頃から様々なカタチで交流を深めています。
昨年末には読み聞かせ(紙芝居)を行って頂く予定でしたが、コロナ禍のため感染対策を考慮し断念されました。その代わり、学校の様子を伝える「学校はっしんぶん」と題した手作りの新聞とDVDの紙芝居が利用者様に贈られました。
(この時の様子は3月30日付の山陽新聞に掲載されました)
児童のみなさんが学校で元気にがんばっている姿を見ることは利用者様の笑顔につながっています。
また昔を思い出したり、孫と接している気持ちになるなど大変喜ばれています。小学校や公民館、地域の皆さまの支えにより絆が深まり、利用者様の力になっています。