平成28年度 医療法人辰川会 山陽病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 0 8 16 34 96 179 246 297 98
当院は外科、内科、泌尿器科、整形外科の4科と人工透析を主な柱とし、地域に根差した医療の提供を行っています。
365日救急患者さまの受け入れを行い、在宅復帰を目的に入院時から積極的な治療、リハビリを行っています。
退院後は、地域の医院、クリニック、透析施設での治療を継続できるよう医療との連携、また介護との連携もはかり、住み慣れた地域での生活に戻れるようにきめ細やかな退院支援に取り組んでいます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 31.65 21.25 15.38 88.35
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 28.00 17.95 4.76 82.48
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 9 31.33 16.16 22.22 59.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 9 15.89 12.43 0.00 82.33
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 8 24.25 13.50 0.00 80.50
内科では、主に肺炎、心不全、肝疾患の患者さまの入院診療を多く行っています。
肺炎、心不全の患者さまの平均年齢は高齢化しており、入院が長期化する傾向にあります。可能な限りの自宅への退院、介護施設等へ向けて適切な退院支援をすすめています。退院が困難な方、長期療養を必要とされる患者さまには地域の医療機関と連携し転院加療を受けていただけるように支援を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 8 46.00 20.57 0.00 84.13
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 7 50.71 24.42 0.00 68.57
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 7 43.29 15.97 28.57 79.43
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 6 8.00 5.49 0.00 66.33
160820xx99xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 手術なし 5 53.00 21.33 0.00 84.80
整形外科では、胸腰椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症、骨折、変形性関節症の患者さまの入院加療を主に行っております。手術は大腿骨人工骨頭挿入術や人工関節置換術などの件数が増加しております。
手術等の治療後、それぞれの患者さまが退院後の生活に必要なADLに近づけるよう、急性期病棟、地域包括ケア病棟ともに早期よりリハビリに取り組んでいます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 6.35 8.87 0.00 65.78
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 7 1.43 3.44 0.00 71.43
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 5 36.00 20.57 0.00 86.40
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 4 53.25 15.97 0.00 89.75
070230xx99xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 手術なし 2 28.00 14.05 0.00 70.00
外科では、保存期の慢性腎不全、シャント狭窄の方に対し、血液透析前の新たなシャント造設術等を行っています。
また、他医療機関にて手術を受けられた患者さまが、ご自宅へ退院されるまでのリハビリ目的で転入院して来られた場合、症状によっては外科にて入院加療とさせていただいております。
血液透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 33 2.64 3.44 0.00 66.18
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 15 18.33 14.77 6.67 64.27
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 20.14 12.84 14.29 75.57
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 13 2.62 16.16 0.00 54.46
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 21.00 17.95 10.00 81.60
透析科では、維持透析を受けられている慢性腎不全の患者さまの入院加療を行っています。
シャント狭窄に対する治療は短期滞在入院の対象となっていることからも、早期退院を目標とし、患者さまの負担とならないよう努めています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 1 0 0 4 1 7
大腸癌 0 0 0 0 0 7 1
乳癌 0 0 0 0 0 0 1
肺癌 0 0 0 0 0 3 1
肝癌 0 0 0 0 0 10 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では急性期治療を終えた癌患者さまの受け入れを行っており、その中でも肝臓癌再発の患者さまに対して最も多くの治療を行なっています。
患者さまの病態に応じて、在宅復帰を視野に入れた継続治療、または患者さま、ご家族さまが望まれる形での緩和ケア治療等が行えるよう、最適な医療を提供できるように取り組んでいます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 0 0.00 0.00
中等症 27 21.26 80.33
重症 5 31.60 87.80
超重症 2 17.00 88.00
不明 0 0.00 0.00
当院の患者さまの中で、A-DROPスコアで「中等症」「重症」に分類される患者さまは、人工透析をされている高齢者の方が「肺炎」を起こされている傾向が強くなっています。そのため腎機能の悪化を伴い、入院加療期間が長期化しているものと考えられます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 2.00 74.50 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 3 26.33 79.67 0.00
その他 10 41.90 71.10 38.46
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
当院は「脳卒中連携パス」において、急性期治療を終えられた患者さまの受け入れを行っています。そのため、急性期病院と連携し、転院前と変わりなくリハビリを継続できるよう努めており、最終的に自宅での生活に無理なく復帰できるよう、個々の患者さまの状況をみながら退院支援に取り組んでいます。
一方で、症状発症からまもなく来院され、入院された患者さまのなかには、急性期病院での加療が望ましい症例もあり、必要に応じて専門病院へ転院受け入れを要請し、連携し治療を行なっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 16 9.69 11.31 0.00 65.50
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 0.00 1.00 0.00 66.17
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 7 6.29 18.43 0.00 46.29
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 3 41.67 52.67 66.67 64.33
K654 内視鏡的消化管止血術 1 1.00 3.00 0.00 60.00
内科では、胸水・腹水濾過濃縮再静注法が最も多くなっています。次に内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)で、内科医による内シャント設置術も増加しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 33 0.00 0.48 0.00 69.24
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 22 0.59 4.23 0.00 65.73
K607-3 上腕動脈表在化法 4 0.00 15.00 0.00 72.75
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 1 0.00 1.00 0.00 69.00
外科では、透析シャントの狭窄や閉塞に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術が最も多く、腎機能が悪化し、血液透析が必要となった患者さま、またシャントトラブルにて透析シャントの再手術(再建)が必要な患者さまに対し「内シャント設置術」を行なっております。術後は元のかかりつけ医にて血液透析を導入、または継続していただいております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 10 3.00 44.20 0.00 68.90
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 8 5.25 38.00 12.50 76.88
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 4 0.50 5.25 0.00 65.25
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む) 3 0.00 1.00 0.00 63.33
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 3 3.33 48.33 0.00 69.67
平成28年4月より、常勤の整形外科医を招聘しており、人工関節置換術(肩,股,膝)や外傷による骨折に対し骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)を積極的に行っています。
血液透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 139 0.77 1.76 0.72 70.05
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 19 9.32 116.11 10.53 73.26
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 15 1.20 2.27 0.00 56.53
K607-3 上腕動脈表在化法 11 15.82 35.36 0.00 76.91
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) 5 0.40 3.60 0.00 59.60
血液透析科では、透析シャントの狭窄や閉塞に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術が最も多く、シャントトラブルにて透析シャントの再手術(再建)が必要な患者さまに対し内シャント設置術を行なっております。透析患者さまの腹水に対し、胸水・腹水濾過濃縮再静注法も件数が多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.10
異なる 1 0.10
180010 敗血症 同一 3 0.31
異なる 3 0.31
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 194 19.92
異なる 1 0.10
当院では「シャント外来」を設けており、当院の透析クリニックのみならず、近隣の透析施設でのシャントトラブルに対しても積極的に紹介受入れを行なっています。
そのため『DPC180040手術・処置等の合併症』に分類される「透析シャント狭窄」「透析シャント閉塞」の治療目的にて入院される患者さまの割合が必然的に高くなっております。これは当院の地域の透析基幹病院としての使命であり、発生率がゼロであることが決して望ましい項目とはいえないものであります。
その他には『DPC180010敗血症』の発生率が0.31%となっており、主に重篤な疾患治療中に合併して発症した症例となっています。
更新履歴