院長ごあいさつ

会長 辰川 自光

 辰川会グループの歴史は、透析医療の歴史そのものです。昭和53年、会長・辰川自光が開業を決意したのは、この地福山に、より良い透析医療を提供したい、との強い一念からでした。
 以来38年あまり、透析患者様とともに時を刻み、病床の拡充、最新機器の装備充実、スタッフの増員、介護サービスの開設などを経て、今では380名を越える透析患者様が山陽病院と山陽腎クリニック、山陽ぬまくま腎クリニックで透析治療を受けておられます。
 この間、多くの先輩の透析患者様から、様々なことを学ばせていただきました。生きる事の「難しさ」、「厳しさ」、「つらさ」また、「喜び」も。なにより「いのちの尊さ」を、身をもって教えてくださいました。
 これからも、私たちの思いは一つ、「安心、安全な透析治療を提供し、一日でも長く、その人らしい生活を続けていただく」そのために、これからも、初心を忘れず精進し、ともに歩んで参ります。

山陽病院

山陽腎クリニック

山陽ぬまくま腎クリニック

特別養護老人ホームくさど

福山市地域包括支援センター野上

在宅事業部